ゲームで遊ぼう

今回はこちら、男前な動物たちによる熱いバトルが楽しめるという
ガウルの翼さんの完全版男前動物園(http://www.souryudo.com/zoo/)
で遊びました。
男前動物園


対象年齢は6歳以上から、2〜6人プレイ用、
プレイ時間約40分 ということで今回はスタッフ5人で挑戦。
最初ということで説明書を片手にプレイしましたが、サクサク進行しました。

男前動物園

バトル要素が入ることでルールが少し複雑になりますが、
子供から大人まで幅広く楽しめるゲームだと思います。

基本的な遊び方は、普通のすごろくと一緒でゴールを目指すこと。
違うところはカードを使用し、迷子になった子どもたちを無事入り口まで連れ戻すこと、
勝利ポイントを獲得すること
、です。

これがなかなか難しいのです。
1番に連れ戻しただけでは男前になれません。
連れ戻した上で、勝負に勝つことが重要です。

迷子カードにはそれぞれポイントが有るのですが、それぞれポイントが異なります。
せっかく1番にゴールしたとしても1ポイント分のカードでは、
後からゴールした人の2ポイント分のカードに勝つことができません。

そこで重要になるのが「勝負」です。
男前な動物たちによる熱いバトルにより、勝負ポイントを獲得しなければなりません。

どんどん勝負をしかけて進行を妨害するだけでは進めませんが、
勝負をしかけてポイントを獲得しなければ負けてしまう……そんな絶妙なバランスで出来ています。

マップはさくさくと進むのですが、駆け引きとダイスにより、
子どもたちを入り口へ連れ戻すこと(ゴール)が困難になります。

男前動物園 荒ぶるダイス。
 進めぬ髭眼鏡。
 負ける髭眼鏡。

ダイスは最初から3つ付属しているのでそのまま遊べますが、
カードの内容や必殺技の使用の際には3つ以上使用する場合もあるので
公式の真男前ダイスアプリがとっても便利だと思いました。
(必殺技をかっこ良く叫んだ後に、
「……ええっとダイスが7つだからダイス3つを2回、ダイス1つを1回振って、合計が……あれ?」
というのはすこし、かっこがつかないですね……)

Android iPhone

男前動物園 強そう。(確信)

難しい局面をひっくり返すカードも存在します。
迷子カードにはそれぞれ特殊能力があるので、ピンチをチャンスにできるかもしれません。

二転三転する熱い局面に、みんなで賑やかに楽しめました。
是非皆さんも遊んでみてはいかがでしょうか。

今回は簡単なご紹介のみですが、またアリススタッフで再挑戦したいと思っておりますので、
そのご様子をお届けできればと思っております。



旧版遊び方解説動画はこちら(http://www.nicovideo.jp/watch/sm19354561):
2012年版につき基本的なルールは同じのようですが、カードやマップ、ルールの一部が異なるようです。
こちらプレイ前にぜひ一度ご覧いただくと、スムーズなプレイが出来ると思います。


男前動物園・完全版 / ガウルの翼(GW)
(http://alice-books.com/item/show/534-6)

担当:髭眼鏡


 
  • 2015.06.05 Friday
  • -
  • 16:39

コメント
コメントする








   

同人誌通販のアリスブックス

カレンダー

<< 2017年 10月 >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の記事

月別一覧

プロフィール

このブログを検索

その他

QRコード

qrcode

スマホ版サイトへ